Japan[製品情報]

クラウド活用型車両管理ソリューション SAFE-DR

クラリオンは「クラウド活用型車両管理ソリューション」で
車両の管理作業をサポートし、業務効率化に貢献します。
SAFE-DR_hilight_01 SAFE とはアプリケーションの機能をネットワーク経由で提供するクラリオン独自のサービスです。

SAFE-DR とは(Smart Access for Enterprise – Drive Recorder)

・ドライブレコーダーと通信を利用した「クラウド活用型車両管理ソリューション」です。
・管理者はクラウドサーバーにアクセスすることで様々な情報を取得可能です。
・運転評価機能を使って、管理や事故発生リスクに対する啓蒙活動に活用いただけます。
SAFE-DR_hilight_02

機能紹介

■イベント画像

・過去に発生した対象車両の各イベント情報(画像や位置情報など)を確認可能。
・管理者PC画面から任意のイベント画像を要求してアップロードすることも可能。
※SDカード内に映像データがある場合に限る
SAFE-DR_hilight_03
SAFE-DR_hilight_04

■リアルタイム画像

・サーバー経由でドライブレコーダーが映しているカメラ映像をリアルタイムで確認可能。
 ※約1fpsで自動更新。

※上記機能はデバイスの電源が入っている場合のみ利用可能です。
SAFE-DR_hilight_06

■走行履歴

・車両毎の走行データ(過去含む)を確認可能。
SAFE-DR_hilight_07

■デバイスチェック / 遠隔操作(SD カードフォーマット)

・デバイスの動作状況を確認可能。
・サーバーからSDカードのフォーマットを遠隔操作可能。
SAFE-DR_hilight_08

■運転情報帳票作成

・その日毎の運転情報に基づいた運転診断で公平な評価が可能。
・月毎のデータを集約し、レポートとして集約。

■運転情報帳票作成

日毎の登録車両の情報をCSV形式で出力できます。これにより、必要なデータを
加工し保存することが可能です。

■映像保存

イベント画像をサーバーに自動保存、期間最大6ヶ月間保存することが可能です。

その他、車載機器メーカーだから出来るサービス

■クラウド

・厳しいセキュリティ基準に準拠した仕様になっています。
・お客様の「大切なデータ」をあらゆる脅威から保守いたします。

■サービス

・1 車両につき最大8カメラまで同時接続可能です。(バス事業者様、配送事業者様)
・車室内カメラのみならず、バックカメラとの接続オプションもご用意しております。

通信対象製品

  1. Home
  2. 業務用製品
  3. クラウド活用型車両管理ソリューション SAFE-DR
  4. 特長

ページトップへ戻る