Japan[製品情報]

Smart Accessリンク ワイド7型 VGA 地上デジタルTV/DVD/SD AVナビゲーション(VICS WIDE対応)

NX716

サウンド

スマホでアプリをダウンロードすれば 車種別の本格的なチューニングが楽しめる。

Smart Access 4Car に含まれるIntelligent Tune AppのSmart EQ plusを利用すれば、本格的な車種別チューニングが手軽に行える画期的な音響技術です。
MAX776W_sound_01
MAX776W_sound_02
Smart EQ plusによる自動音場補正
① 測定用信号出力
② スマートフォンのマイクで集音
③ 自動音場補正(オートチューニング)
④ 補正パラメーターを反映
MAX776W_sound_03

Smart Access 4Car「Intelligent Tune App」

※ この機能は「Smart Access 4Car」アプリに含まれます。 詳しくはSmart Access 4Carホームページをご覧ください。

いい音を究め続けた、独自の音響テクノロジー「Intelligent Tune」

音源本来の臨場感を再現する「ダイナミックビートエンハンサー」、ボーカルの定位を個々のシートに調整できる「ボーカルイメージコントロール」、圧縮データを再生成する「サウンドリストアラー」など、カーオーディオで長年培ってきたサウンドへのこだわりとノウハウ、そしてクラリオン独自の音響テクノロジーが集約されています。
MAX776W_sound_04
MAX776W_sound_05

Intelligent Tuneの設定項目を、音場設定、グラフィックEQ、音質・音量設定ごとに分けて一覧表示。サウンド設定も容易に一括操作できます。

サウンド設定が一目で把握できるグラフィカルな 表示画面

クラリオン独自の音響技術「Intelligent Tune」の設定項目を、カテゴリ(音場設定、グラフィックEQ、音質・音量設定)ごとに分けて一覧表示。さらに、設定内容に関する「説明コメント」と「グラフィカルイメージ」で、設定内容を理解しながら操作できます。
 
① 音場設定
② グラフィックEQ
③ 音質・音量設定
④ Intelligent Tune を一括ON/OFFの切り替えができます。

原音本来の迫力あるサウンドを呼び起こす「 ダイナミック ビートエンハンサー」

CD収録時などのデータ圧縮で失われた音域の幅を拡張し、メリハリのあるビートサウンドを創出。原音の持つ本来の迫力や臨場感を心ゆくまで楽しめます。
 
① CD音源
② ダイナミックビートエンハンサー処理後 ダイナミックレンジを拡張
MAX776W_sound_06
MAX776W_sound_07

サ ラウンド・サウンドを創出するバーチャルステージエンハンサー」

ヴォーカルの質感と前方定位を保持しながら、音源から抽出したサラウンド成分によって臨場感の溢れる音場を創出。運転席付近に滞留していた音が車室内全体へ広がり、クラシック音楽をホールで聴いているかのような臨場感を表現します。

リアルなステージを目の前に迫力あるボーカル「ボーカルイメージコントロール」

車内で音楽を聴く時、ボーカルを助手席正面に定位させたい、ダッシュボード中央に定位させたいなど、個人の好みは様々です。「ボーカルイメージコントロール」は、ボーカルが記録されているセンターの中域成分を音源から抽出し、音量バランスを制御することでボーカルの定位を前後左右に移動します。音質や臨場感を損なうことなく、ボーカルの定位を任意の位置に調整することができます。
MAX776W_sound_08
MAX776W_sound_09

圧縮により失われた高域信号を再生成し、圧縮オーディ オを高音質化「サウンドリストアラー」

MP3やWMAなどの圧縮オーディオフォーマットは、データ量を軽くするために圧縮処理が施されており、原音に含まれていた高域信号が失われています。「サウンドリストアラー」によって失われた高域信号を再生成し、圧縮する前の原音に近い状態に復元することで、より豊かなクオリティで再生することが可能になります。

まるでサブウーファーを追加したような迫力ある重低音を放つ「バーチャルバス」

口径の小さいスピーカーでは重低音を十分に再生することができず、迫力に欠けた音になりがちです。「バーチャルバス」は音響心理学に基づき、重低音の倍音成分を付加することで、スピーカーで再生できない重低音を増強することができます。小型スピーカーでもサブウーファーを追加したような迫力のある重低音が楽しめます。
※聴く音楽によっては、効果が少ない場合があります。
MAX776W_sound_10
MAX776W_sound_11

音楽の再生音量を自動調整し、ボリューム操作の煩わしさを軽減「ボリュームスムーサー」

音楽メディアやコンテンツが多様化する中、音源の音量レベルに差が生じることで頻繁にボリューム操作を強いられることがあります。「ボリュームスムーサー」は、曲から曲へと変わる際や、テレビ放送が番組からCMへ変わるときなどのあらゆるシチュエーションで最適な音量に自動調整します。また、車速連動ボリューム機能を併用することでボリューム操作の煩わしさをより軽減し、ドライバーの安全運転をサポートします。

つねに聴き取りやすい音量を自動で キープ「車速連動ボリューム」

車内の騒音レベルがアップする高速走行時などでも、つねに最適な音量で音楽が楽しめる便利機能です。
MAX776W_sound_12

騒音レベルが大きくなる高速道路では自動で音量を上げ、一般道へ降りた場合にはもとの音量に戻すなど、常に適切な音量へ調節します。

MAX776W_sound_13

多彩なサウンドテイストを6モードで操る「グラフィックイコライザー」

臨場感あふれる音場を車室内に創出するグラフィックイコライザー。音楽のジャンルに合わせて、サウンドテイストをBASS.B/ HIGH.B/ ACOUSTIC/IMPACT/ SMOOTH/ FLATの6つのモードで切り替えることができます。また、細やかな調整ができる音質設定も装備し、より思いどおりのサウンド設定が可能です。

サブウーファーなどのフィルター周波数が選択できます

アンプやサブウーファーなどを接続する場合に、使用するスピーカーに合わせてフィルター周波数を選択します。

※ 別売のAV-Navi用プリアウトケーブルCCA-727-500が必要となります。

MAX776W_chidigi_14
  1. Home
  2. 個人向け製品
  3. カーナビゲーション
  4. NX716
  5. 機能詳細
  6. サウンド

ページトップへ戻る