Japan[企業情報]

  1. Home
  2. ニュース
  3. トピックス
  4. 2014
  5. 新会長・新社長就任ご挨拶

新会長・新社長就任ご挨拶

2014年04月01日

CEO_COO
クラリオンはこの4月より、今後の成長分野であるグローバル市場での事業領域の拡大、中長期の成長に向けた構造改革を実行するため経営体制の強化を行いました。より強力なグローバルガバナンス体制の構築をめざし、取締役会長兼CEOは、当社グループの最高経営責任者として経営方針・経営戦略を策定し、取締役社長兼COOは、当社グループの最高執行責任者として方針・戦略にもとづき事業計画を実行いたします。

当社は、1940年の創業よりこれまで様々な事業を展開してまいりました。ユニークなアイディアを具現化し、クラリオンだけの“Only One”を誕生させようと社員一丸となって挑み、進んできました。そして現在、クラリオンは車載機器事業メーカーとして確固たる地位を築いています。これはまさに、クラリオン企業理念である「クラリオンは、音と情報と人間のより良きつながりを追求し、価値ある商品を生み出すことにより、豊かな社会づくりに寄与します」を実現するべく常に努力を続けてきた結果だと考えております。
さらに、未来に向けて刻々と大きく変化する環境を大きなチャンスと捉え、変化にいち早く対応し、従来の車載機器事業から車両情報システムプロバイダーへ向けて大きく舵を切りました。

生活が情報を中心に付加価値を求めるものになる中、クラリオンは情報領域の可能性を追求し、そこに安心・安全の情報も付加することでお客様の生活を豊かにします。私たちはより深く車の根幹に関わる領域で成長していきます。
そのためにも、私たちは、「経営基盤強化」と「成長に向けた基盤づくり」の二つを同時に実現すべく構造改革を行い、新たな商品領域の開拓や成長市場に目を向け、真のグローバル化に向けた取り組みを続けてまいります。

我々が、更に力を尽くしていきたい内容として・・・
それぞれの市場特性をしっかり捉え、グローバル市場で信頼される、愛されるクラリオンというプレゼンスの向上、クラリオングループの製品開発の根幹である音と情報と人間のより良きつながりを実現するためのマーケティング力、技術力に更に磨きをかけ、より強いクラリオンらしさをお客様に提供できるよう努力してまいります。

私たちは常に、「We are Clarion」の精神を肝に銘じ、全員が一丸となって前に向かって進み、日立グループの一員として社会的責任を果たし、世の中に必要とされる企業として成長することをめざします。

取締役会長兼CEO 泉 龍彦
取締役社長兼COO 川本 英利
  1. Home
  2. ニュース
  3. トピックス
  4. 2014
  5. 新会長・新社長就任ご挨拶

ページトップへ戻る