Japan[製品情報]

  1. Home
  2. スペシャルコンテンツ・ソーシャル
  3. Full Digital Sound ヘッドホン Special Contents
  4. 内蔵プロセッサーによるチューニングでヘッドホンの未踏の可能性を追求する 野村ケンジ氏

内蔵プロセッサーによるチューニングでヘッドホンの未踏の可能性を追求する 野村ケンジ氏

音楽に関わるプロフェッショナルが、ClarionのフルデジタルサウンドヘッドホンZH700FFの開発用チューニング機能を使って独自の個性を施す今回の企画。チューニングにも参加したオーディオビジュアルライターの野村ケンジさんにその想いと感想を語って頂く。

nomura_01

ドライバーユニットまでオールデジタル伝送を実現した「フルデジタルサウンド」やエッジやダンパーを取り払ったフローティング構造を持つ「フローティング・フラットドライバー」など、斬新なアイディアを積極的に投入することによって、豊かな表現を持つ良質なサウンドを実現したクラリオン「ZH700FF」。

一切の妥協なく、隅々まで検討された音に対するこだわりによって、既存のヘッドホンとは一線を画すスペシャルな存在に作り上げられているこの「ZH700FF」には、実はもうひとつ、大きなアドバンテージを持つシステムが搭載されている。それは、デジタル音響調整システムをフル活用することで実現した、更なる音質の向上だ。 

何を隠そう、「ZH700FF」にはデジタルオーディオプロセッサーが内蔵されており、サウンドバランスを細やかにセッティングすることができる。製品では、そちらを積極的に活用して最終的なサウンドがセットアップされているのだが、これを活用して、様々な“音のプロフェッショナル”がそれぞれにベストと思うセッティングを行ってもらおうというのが今回の企画の趣旨だ。しかも、その音を聴いていただき、気に入ったものがあればご自身がお使いの「ZH700FF」を書き換えることができるサービスを開始するというのだ。

いやはや、とんでもなく、画期的な企画だと思う。ユーザーの立場からすると、製品の魅力が格段に上がる、ワクワクさせられるサービスだ。書き換えは、クラリオンのスタッフが行う必要があるため、(クラリオンが出展している)オーディオ・イベント会場などにご自身がお使いの「ZH700FF」を持ち込む必要はあるが、それにしても嬉しいサービスだ。なにせ、音のプロフェッショナルがOKといったバランスで、その人たちが創った 作品を楽しむことができるのだ。いち音楽ファンとして、こんなに嬉しいことはない。

nomura_02

実際にセッティングを手がけてくれた“音のプロフェッショナル”も、ハイレゾアニソンの火付け役といっていいランティスの音楽プロデューサー佐藤純之介さんや、爆音上映の仕掛け役でもある岩浪美和音響監督という、ゴージャスな顔ぶれが揃っている。これは、是非とも聴きたい“セッティング”だろう。

そんな二人に並んで、野村ケンジバージョンのセッティングを作られていただけることになったのは光栄な限り。当然ながら最初は「プロのお二人に並ぶなんて」と大いに気後れしたけれど、いち音楽ファン&アニメ・アニソンファンとして“聴き手”目線でのセッティングを創らせていただいた 。

さて、実際に野村ケンジがどんなセッティングを作り上げたかという話の前に、ちょっとした告白をさせていただこう。実は、今回のセッティングを作り上げる前に、ちょっとしたズルというか、タイミング良くアドバンテージを稼がせてもらった経緯がある。というのも、岩浪音響監督や佐藤プロデューサーのセッティングを行ったすぐあとに、“野村ケンジ”セッティングを作り上げさせてもらったのだ。それぞれのセッティングについての取材を行うこともあって、二人の調整作業には立ち会わせてもらったので、何処をどうすればどんな音になるのか、なんとなく把握ができたし、何よりも、二人とは方向性の異なる別のセッティングを考え出すことができた。それは、最新Jポップ“女性ヴォーカル”専用のチューニングだ。

というのも、岩浪音響監督はアニメ、佐藤プロデューサーはアニソンをメインとした、それぞれに特徴的な調整を作り上げてくれたが、同時に、自分が制作に携わったコンテンツだけでなく、様々なアニメや音楽を瑕疵なく存分に楽しめる絶妙なセッティングを作り上げてくれている。そういった安心感もあって、野村ケンジのセッティングは逆張りというか、あえてテーマ曲を絞った、尖った調整を行うことにした。そして、作り上げたのが先に紹介した、最新Jポップ“女性ヴォーカル”専用のチューニングだ。

調整の参考にさせてもらったのは、早見沙織「ブルーアワーに祈りを」、上白石萌音「なんでもないや(movie ver.)」、サラ・オレイン「ネッラ・ファンタジア」、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「打ち寄せられた忘却の残響に」の4曲。それぞれに特徴のある4人の歌声を、ハスキーにならず、ファニーにせず、堅い表情にせず、ぼんやりした響きにせず、元々の歌声を素直に表現した、それでいてどこか優しくちょっと甘い、心地よい響きの歌声を目指してみた。要するに、生声に近いイメージにしつつ、どこか優しげなどこか心地よい響きのある歌声を作り上げてみたのだ。特に、早見沙織さんは何度かお会いする機会があったため、今回のセッティングの際には大いに重宝させてもらった。

その後、佐藤プロデューサーも使用していたTO-MAS「FLIP FLAP FLIP FLAP」を聴き、アコースティック楽器の音色や音場表現がちゃんとしているかをチェックし、微調整。(いちど女性ヴォーカル4曲に戻って再調整したあと)さらに男性ヴォーカルのハードロックを聴き、破綻はないかを確認した。

結果としては、魅力的な女性ヴォーカルが楽しめるセッティングに仕上がったと思う。そのぶん、ハードロック系はベストといえないが、決して破綻はないように仕上げたつもりだ。是非、岩浪音響監督や佐藤プロデューサーの調整版のあとにでも、試聴してみてほしい。

(野村ケンジ)
nomura_03
野村ケンジ

神奈川県出身。自動車雑誌の編集を経てフリーランスとなる。近年ではホームシアターやカーオーディオ、音楽関連に加えて、PCオーディオやヘッドフォンの音質レポートも数多く手がけるライター。各種オーディオ誌、WEBメディアにおいて、オーディオ関連の記事を執筆。

  1. Home
  2. スペシャルコンテンツ・ソーシャル
  3. Full Digital Sound ヘッドホン Special Contents
  4. 内蔵プロセッサーによるチューニングでヘッドホンの未踏の可能性を追求する 野村ケンジ氏

ページトップへ戻る