Japan[製品情報]

音声合成放送装置

CA-6000A-A

CA-6000A-A

案内放送のスタンダード

CA-6000は、各路線系統の案内放送をICに記録し、編集・再生できる先進の音声合成放送装置です。緊急時の配車も容易で、各種の運行データも記録できるため、乗務員の業務効率化に大きく貢献

メカレス構造

メカ故障やデータ不良等のトラブルも解消

多彩な案内╱編集が可能

案内放送はICカードに音声合成方式で記録。車内外のお知らせ放送もきめ細やかに提供でき、音質もクリア。また、2アンプにより独立したマイク放送も可能。デジタル記録のため、繰り返しの使用でも劣化の心配がありません。

容易なデータ変更

車内・車外放送やCMのアナウンス内容を変更する場合も、テープのようにすべてを録音し直す手間が不要。変更部分のみを録音し、PCで編集するだけで更新できるので、音声データ制作費も大幅に軽減。

運行ダイヤ予約可能

ダイヤデータにより運行ダイヤでの設定・予約も可能。メモリには乗降調査、系統ごとの運行時間といったデータを記録・収集が可能。

最先端IT技術を搭載

OSにLinux、またJavaVM(TM)を搭載、汎用アプリケーションに対応。

将来の拡張機器にもソフトウェアで対応可能。

内蔵メモリ(RAM)64MB、フラッシュメモリ(CF内蔵)128MB。

汎用バスのUSB端子、CAN接続対応、PCMCIAカードスロット搭載。

オプション機能

パケット通信機能

無線LAN通信機能

乗せ換え用変換ケーブル

変換ケーブルにより、マルチサポートオートガイドシステム(CA-2010など)からの乗せ換えも簡単。

CA-2000系変換ケーブル

CCA-631-100

CK-3000用ケーブル(4.5m)

CCA-643-100

  1. Home
  2. 業務用製品
  3. 路線バス
  4. CA-6000A-A
  5. 特長

ページトップへ戻る